■会長

第11回(1993)吉田 純
CNS lymphoma
Vascular tumor
(教育セミナー、臨床病理検討会)
第12回(1994)久保田紀彦
Pineal tumor
Tumor marker
第13回(1995)生塩之敬
分子生物学の脳腫瘍病理への貢献
子供Gliomaと大人Glioma
画像と病理
(日本脳腫瘍リファレンスセンター設置)
第14回(1996)久保長生
神経細胞系腫瘍
Oligodendroglial tumor
予後因子
長期生存例
分子生物学
第15回(1997)田淵和雄
脳腫瘍の遺伝子解析
アポトーシス
再発脳腫瘍の病理
小児脳腫瘍
(日本脳腫瘍病理学会となる)
第16回(1998)田中隆一
分子病理学
Pineal Parenchymal Tumor
PNET & Medulloblastoma
第17回(1999)中里隆一
Oligodendrogliomaの病理
分子病理学
第18回(2000)吉田 純
Malignant Meningeal Tumors
Molecular Biology of Tumors
Neural and Mixed Neuronal-glial Tumors
(第2回脳腫瘍病理国際シンポジウム)
第19回(2001)松谷雅生
21世紀の脳腫瘍病理学
AstrocytomaのProgression
脳腫瘍の治療と病理変化

[↑]CLOSE